わが国ほど経皮的冠インターベンション(PCI)施行率の高くない米国だが、地域間格差は大きい。1996年の調査では、米国平均を30%以上超える病院圏(Hospital referral region)が57存在したのに対し、25〜65%下回る病院圏も68あった。このバラツキには、適切ではない待機的PCI施行が反映されている可能性がある。

待機的PCIで適切と判断できる症例は半数の画像

ログインして全文を読む