昨年6月、Lancet Oncology誌に、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)による発癌リスク増加の可能性を示すメタ解析が掲載された。しかし、その後、このようなリスク増加を否定する多くの研究が報告されている。

ARBの発癌リスク、台湾のデータベースでも否定的の画像

ログインして全文を読む