アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)オルメサルタンによる冠動脈プラークの進展抑制に、同薬剤の持つ抗炎症作用が関与している可能性のあることが、OLIVUS(Impact of OLmesartan on progression of coronary atherosclerosis:evaluation by IntraVascular UltraSound)試験の解析から明らかになった。第60回米国心臓病学会(ACC2011、4月2〜5日、開催地:ニューオーリンズ)で、岡山大循環器内科の三好享氏が報告した。

ログインして全文を読む