近年、腎機能障害は心不全患者の重要な予後予測因子であることが報告されており、急性心不全患者ではクレアチニン値が高いと予後は不良となることが示されている。

CKD合併急性心不全に対するhANPの腎保護効果の画像

ログインして全文を読む