マルファン症候群は、細胞外基質蛋白であるfibrillin1の遺伝子(Fbn1)変異を原因とする遺伝性疾患であり、心血管系では大動脈瘤とこれに伴う大動脈弁閉鎖不全症を伴う。

Marfanの大動脈瘤形成抑制に、なぜARBが有効かの画像

ログインして全文を読む