腹部大動脈瘤(AAA)への血管内治療(EVAR)は、各ステントグラフトの添付文書に記載された実施基準(IFU;Instruction For Use)に準拠することが保険適用の条件になっている。しかし現実には、IFUから外れてもEVARを必要とする患者は多く、そうした症例へEVARを安全に施行するための手技の確立や保険適用の拡大が望まれている。

腹部大動脈瘤へのEVAR、IFU外症例への対応はの画像

ログインして全文を読む