医薬品市場調査会社IMSジャパンが2月25日に発表した、2010年1〜12月の国内医療用医薬品の売上高データによると、国内で最も売上金額が高かった製品はブロプレス(一般名カンデサルタン)だった。薬効群別でも、レニン・アンジオテンシン(RA)系抑制薬が、売上の伸びが著しい抗腫瘍薬を抑えて1位をキープした。

ログインして全文を読む