牛肉、豚肉、鶏肉などの食肉には、飽和脂肪酸が多く含まれる。最近の疫学研究から飽和脂肪酸は循環器疾患のリスクを有意に高めることが報告されているが、食肉の摂取と循環器疾患との関連を調べた研究は少ない。

肉の摂取量は循環器疾患死亡リスクと関連せずの画像

ログインして全文を読む