「糖尿病の血糖コントロール状態を評価するためには、変動が激しい血糖値だけでは不十分でHbA1cを見ることが欠かせない。であるならば高血圧でも、血圧値だけでなく長期的な管理指標が必要ではないか。そう考えて日常臨床で簡便に測定できる指標がないかを検討した結果、心電図検査で得られるSV1+RV5(Sokolow-Lyon電位)とQRS幅が使えるのではないかと気付いた」。

糖尿病ならHbA1c、高血圧の手軽な長期管理指標はの画像

ログインして全文を読む