企業の健康診断・人間ドックで認められた高血糖や脂質異常例は、どのレベルから専門医に紹介すべきか――。第45回日本成人病(生活習慣病)学会学術集会(1月15〜16日、開催地:東京都千代田区)のシンポジウム「職域における生活習慣病の診断と管理―ドック健診と医療機関の連携」では、心血管疾患ハイリスク例の扱いについて、健診側と専門医側の連携のあり方について議論された。

健診・ドックでの高血糖・脂質異常例をどう扱うかの画像

ログインして全文を読む