冠動脈疾患(CAD)に末梢動脈疾患(PAD)を合併し、心臓と下肢のどちらも手術を待てない症例では、やむを得ず、冠動脈バイパス術(CABG)と下肢バイパス術が同時に施行されることがある。

CABGと下肢バイパスの同時手術はリスクとならずの画像

ログインして全文を読む