Bayer HealthCare(ドイツ・ベルリン)は1月5日、同社とJohnson & Johnson Pharmaceutical Research & Development(J&JPRD)社が共同開発している選択的Xa阻害薬のリバロキサバンについて、心房細動(AF)患者における脳卒中予防、深部静脈血栓症(DVT)の治療、DVTおよび肺塞栓症(PE)の再発予防を適応に、欧州医薬品庁(EMA)に承認申請を行ったと発表した。

ログインして全文を読む