日本人の慢性腎臓病(CKD)患者を登録・追跡する「日本CKDコホート研究」(CKD-JAC、研究代表者 浜松医大第一内科学の菱田明氏)の登録時データがこのほど公開された。データは、第43回米国腎臓学会(ASN2010、11月18〜21日、開催地:デンバー)で、名大腎臓内科特任准教授の今井圓裕氏らが発表した。

日本人のCKD患者対象としたコホート研究始まるの画像

ログインして全文を読む