2009年、第42回米国腎臓学会(ASN2009、開催地:サンディエゴ)のLate Breaking Clinical Trialで発表されたTREAT試験は、日本の腎臓専門医に大きな衝撃を与えた。この結果を受け日本腎臓学会では急きょ調査を行い、結果を論文として発表すると共に、2010年の第43回米国腎臓学会(ASN2010、11月18〜21日、開催地:デンバー)で内容を発表した。その経緯と結果について、調査をとりまとめた名大腎臓内科特任准教授の今井圓裕氏に聞いた。

日本人ではEPO投与による脳卒中増加は見られずの画像

ログインして全文を読む