消化器内視鏡検査や同治療が必要となった患者が抗血栓薬服用中だったというケースは、決して珍しくない。その際の抗血栓薬の休薬については米国や日本の関係学会から指針が示されているが、血栓塞栓症発症のリスクで分類した原疾患の記載が不十分と指摘する声もある。

消化器内視鏡診療時、抗血栓薬中止をどう判断?の画像

ログインして全文を読む