狭心症の治療では、冠動脈狭窄を引き起こす動脈硬化性プラークの進展抑制が必要だ。そして、それにはスタチンやチアゾリジン系薬剤が有効であることが示されている。

狭心症患者へのARB、長期予後も改善の画像

ログインして全文を読む