造影剤腎症に対するNアセチルシステイン(NAC)の予防効果は、2000年にTepelらがN Engl J Med誌に報告して以来、小規模な研究がいくつか報告されている。さらに昨年、TrivediらがAm J Heart誌に報告した1500例規模のメタ解析でも、高用量(1200mg/日または造影直前の600mg投与)は造影剤腎症の発症を有意に抑制するとされた。

Nアセチルシステイン、造影剤腎症を予防できずの画像

ログインして全文を読む