心不全に対するアルドステロン拮抗薬の有用性については、スピロノラクトンを用いたRALES試験、およびエプレレノンを用いたEPHESUS試験で確認されている。しかし両試験はいずれも重症心不全患者を対象としたもので、軽症例に対するアルドステロン拮抗薬の有用性については、まだエビデンスがなかった。

エプレレノンが軽症慢性心不全患者の予後を改善の画像

ログインして全文を読む