第83回米国心臓協会・学術集会(AHA2010、11月13〜17日、開催地:シカゴ)のLate Breaking Clinical Trialsでは、高比重リポ蛋白コレステロール(HDL-C)増加に関する発表が2題続いた。新しいコレステロールエステル転送蛋白(CETP)阻害薬anacetrapibを用いたDEFINE試験と、経口Apo A1合成促進薬RVX-208を検討したASSERT試験だ。

新たなHDL-C増加薬の登場なるかの画像

ログインして全文を読む