米Bristol-Myers Squibb社と米Pfizer社は現地時間の11月18日、両社が開発中の選択的Xa阻害薬apixabanについて、急性冠症候群(ACS)に対する2次予防の適応を取得するため進めていた第III相臨床試験APPRAISE-2を中止すると発表した。

ログインして全文を読む