JSH2009では、心房細動(AF)を合併あるいは新規発症が懸念される高血圧患者への降圧治療として、レニン-アンジオテンシン(RA)系抑制薬を推奨する旨が明記されている。しかし、RA系抑制薬によるAF抑制効果については、これを肯定する報告と否定的な報告があり、定まった見解が得られていない。

RA系抑制薬は高血圧患者のAF新規発症を抑制の画像

ログインして全文を読む