わが国の「高血圧治療ガイドライン2009」では、糖尿病合併高血圧に対する第1選択の降圧薬は、ACE阻害薬またはアンジオテンシンII受容体拮抗薬だ。だがARB単剤で降圧目標を達成することは容易ではなく、多くの患者がARBとCa拮抗薬の併用投与を受けている。

DM合併高血圧、好ましいARB/CCBの組み合わせはの画像

ログインして全文を読む