日本人に対するCRT-D(両室ペーシング機能付き植込み型除細動器)治療は、海外施行例と同等の効果を期待できることが分かった。自治医大附属さいたま医療センター循環器科の百村伸一氏が、第14回日本心不全学会学術集会(10月7〜9日、開催地:東京都新宿区)で発表した。

ログインして全文を読む