治療抵抗性の高血圧に対する新たな治療法として、カテーテルアブレーションによる腎交感神経の除神経術が脚光を浴びている。今年6月に欧州高血圧学会(ESH2010)で報告された臨床試験SYMPLICITY HTN-1の2年成績によると、アブレーション1カ月後より認められた著明な降圧効果は、2年後も持続していた。

注目される腎交感神経除神経術、その機序はの画像

ログインして全文を読む