入退院を繰り返す慢性心不全(CHF)患者では、病診連携でのチーム医療や急性増悪させない日常管理が重要になる。第58回日本心臓病学会学術集会(9月17〜19日、開催地:東京都千代田区)のコメディカル教育セッション「心不全と急性冠症候群の見方」では、循環器プレミアム・ブログ「現場に活かす臨床研究」の著者でもある兵庫県立尼崎病院循環器内科の佐藤幸人氏が登壇した。

慢性心不全の管理に欠かせないキーワードとはの画像

ログインして全文を読む