人間ドックで糖尿病の要精査者をスクリーニングするためのHbA1cのカットオフ値は5.6%が妥当――。京大内分泌代謝内科の井田みどり氏、平田雅一氏らが、約5000人の人間ドック受診者のデータを解析した結果から指摘した。第31回日本肥満学会(10月1〜2日、開催地:前橋市)における報告。

ログインして全文を読む