冠攣縮性狭心症患者にシロリムス溶出性ステント(SES)を留置すると、冠攣縮陰性例への留置に比べ、心血管イベントの頻度が有意に高くなるというデータが、第58回日本心臓病学会学術集会(9月17〜19日、開催地:東京都千代田区)で発表された。倉敷中央病院循環器内科の岡直樹氏らによる研究成果だ。

冠攣縮性狭心症患者へのSES留置は高リスクの画像

ログインして全文を読む