平均病変長が15cmを超える浅大腿動脈病変に対するステント留置術で、1次開存率66%、2次開存率87%という優れた成績が得られた。

浅大腿動脈病変へのステント留置術、成績良好の画像

ログインして全文を読む