循環器疾患にかかる医療費は現在、医療費総額の5分の1に上るとされ、検査および治療の費用対効果の改善は医療経済面からも求められる課題となっている。そのなかで注目されるのが、心疾患スクリーニングにおけるB型ナトリウム利尿ペプチド(BNP)値の活用だ。

「心電図、BNPともに異常なら心エコー」が低コストの画像

ログインして全文を読む