薬剤溶出ステント(DES)による遠隔期ステント血栓症を解決する一手段として、生体分解性ポリマーを用いたDES(biodegradable polymer DES;BP-DES)に期待が集まっている。溶出薬剤で再狭窄を抑制後、ポリマーが分解されベアメタルステント様になることで内皮細胞によるステントの被覆を抑制せず、遠隔期のステント血栓症が減少するとの発想による。しかし現実は、必ずしも仮説通りに進まないようだ。

生体分解ポリマーDES、2年成績も優位性証明できずの画像

ログインして全文を読む