2009年4月、ラジオ波を用いた経カテーテル的腎除神経が治療抵抗性高血圧の降圧に有用とする論文がLancetに掲載された。欧州心臓病学会(ESC2010、8月28〜9月1日、開催地:スウェーデン・ストックホルム)でFelix Mahfoud氏(ザールラント大学、ドイツ)は、同手技により血圧のみならずインスリン抵抗性の改善も期待できると発表した。

治療抵抗性高血圧への経カテーテル的腎除神経術の画像

ログインして全文を読む