虚血性心疾患や脳卒中の患者では聴力低下が33%に認められ、健常人に比べて高頻度であることが、三越厚生事業団三越総合健診センターの研究で明らかとなった。同センターの毛利恭子氏が、第51回日本人間ドック学会学術大会(8月26〜27日、開催地:旭川市)で報告した。

脳心血管疾患既往者の3割に聴力低下の画像

ログインして全文を読む