わが国では脳神経外科医がリードしてきた頸動脈ステント留置術(CAS)だが、循環器内科医が行った場合の術後30日の主要有害事象(MAE)発生率は3.9%と、海外で行われた大規模臨床試験と同等の良好な成績であることが分かった。

循環器内科医によるCAS成績は欧米と同等の画像

ログインして全文を読む