サノフィ・アベンティス社(フランス、パリ)は9月1日、同社が資金援助している心房細動(AF)患者の大規模レジストリー「RealiseAF(Real life global Survey Evaluating patients with Atrial Fibrillation)」から、AFの管理はまだ不十分とするプレスリリースを発表した。同レジストリーの結果は、ストックホルムで開催されていた欧州心臓学会(ESC2010)で発表された。

ログインして全文を読む