バイエル ヘルスケア社(ドイツ、ベルリン)は8月31日、同社が開発中の経口抗凝固薬(選択的第Xa因子阻害薬)rivaroxabanについて、急性症候性深部静脈血栓症(DVT)患者の静脈血栓塞栓症(VTE)再発予防に関する国際共同第III相(P3)試験「EINSTEIN-DVT」の成績がまとまり、現行の標準治療と同等の安全性と有効性の非劣性が明らかになったと発表した。同試験の結果は、8月31日に欧州心臓学会(ESC2010)で発表された。

ログインして全文を読む