アボット バスキュラーのChief Medical Officerで、intervention cardiologistでもあるチャールズ・サイモントン氏が日本心血管インターベンション治療学会(CVIT2010)出席のために来日、8月25日に医療関連メディアとの会見を行った。

PCIの半数は生体吸収性ステントになるでしょうの画像

ログインして全文を読む