内視鏡下手術用ロボットであるda Vinciを利用して、完全内視鏡下でオフポンプCABG(OPCAB)を行った症例の報告を、金沢大大学院心肺病態制御学の加藤寛城氏らが第15回日本冠動脈外科学会学術大会(7月29〜30日、開催地:大阪市)で行った。

da Vinci用いた完全内視鏡下OPCAB症例を報告の画像

ログインして全文を読む