大伏在静脈(SV)と橈骨動脈(RA)グラフトを同時に使用した冠動脈バイパス術(CABG)症例の長期フォローアップ成績では、両グラフトの遠隔期開存率に差は見られなかった。第15回日本冠動脈外科学会学術大会(7月29〜30日、開催地:大阪市)で、日大心臓血管・呼吸器・総合外科の秦光賢氏らが発表した。

伏在静脈と橈骨動脈グラフトで遠隔期開存率に差なしの画像

ログインして全文を読む