2型糖尿病治療に使用される薬のうち、最も処方率が高かったのは「アマリール」で回答者の78.4%(昨年調査81.5%)に上った。2位は「アクトス」で73.2%(同70.7%)、3位は「ベイスン」で58.3%(同63.3%)だった。また、満足度が高いのは「ランタス」がトップで、アマリール、メルビンが続いた。日経メディカル オンラインが医師会員を対象に行った「2型糖尿病の薬物治療に関する調査2010」で明らかになった。

ログインして全文を読む