冠動脈インターベンション後の抗血小板療法として現在、アスピリンとクロピドグレルの2剤併用療法が一般的になっている。だが最近、クロピドグレルによる抗血小板作用が十分得られない、クロピドグレル抵抗性の問題が指摘されてきた。

ステント血栓症例への抗血小板薬3剤併用療法の画像

ログインして全文を読む