武田薬品工業は7月23日、消化性潰瘍治療薬「タケプロンカプセル15」「タケプロンOD錠15」(一般名ランソプラゾール)について、「低用量アスピリン投与時における胃潰瘍または十二指腸潰瘍の再発抑制」の効能追加が、厚生労働省から承認されたと発表した。これに伴い、上記製品の添付文書の「使用上の注意」が改訂された。

ログインして全文を読む