今年3月に米国心臓学会で報告されたACCORD BP試験の結果を受け、第20回欧州高血圧学会でも糖尿病患者の降圧目標について、多くのセッションで取り上げられていた。欧州高血圧学会(ESH)は昨年発表した改定ガイドラインで、糖尿病合併高血圧の降圧目標から「130/80mmHg未満」を削除した。「140/90mmHg未満、限りなく130/80mmHgに近く」が、現在の推奨である。学会2日目、スウェーデンのNDR(National Diabetes Register)データベースを用いた検討から、この判断は妥当であるとスウェーデン・Lund大学のPeter N Nilsson氏が報告した。

糖尿病合併高血圧の降圧目標緩和は妥当の画像

ログインして全文を読む