欧州高血圧学会(ESH)は昨年11月、高血圧ガイドラインの部分改定を行った。最も注目されるのは、高リスク患者に対する降圧目標である「130/80mmHg未満」の見直しといえるだろう。糖尿病患者、心血管系疾患既往例に対する降圧目標は、「140/85mmHg未満、限りなく130/80mmHgに近く」に改定された。

高リスク者の降圧目標、米国JNC8も緩和の可能性の画像

ログインして全文を読む