軽度から中等度の高齢者高血圧患者において、アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)オルメサルタンはACE阻害薬ラミプリルに比べ、より確実な降圧が可能であるとする多施設二重盲検ランダム化比較試験ESPORT(Efficacy and Safety in elderly Patients with Olmesaratan and Ramipril Treatment)の結果が、第20回欧州高血圧学会(6月18〜21日、開催地:オスロ)初日のHOTLINEセッションで発表された。

ARBはACEIより高齢者高血圧を確実に降圧の画像

ログインして全文を読む