慢性腎臓病(CKD)ステージ3以上の高血圧患者へのACE阻害薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)の併用は、透析導入および死亡のリスクを有意に減少させることが分かった。聖マリアンナ医大腎臓・高血圧内科の安田隆氏が、第53回日本腎臓学会学術総会(6月16〜18日、開催地:神戸市)で発表した。

CKD合併高血圧患者へのRA系抑制薬併用は有効の画像

ログインして全文を読む