「アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)は心筋梗塞のリスクを増加させるかもしれない(Angiotensin Receptor Blockers May Increase Risk of Myocardial Infarction)」――。こう題され、多くの議論を巻き起こすきっかけとなった論文が、2006年のCirculation誌に掲載された(論文閲読可能)。著者はMartin H. Strauss氏とAlistair S. Hall氏。この2人、第20回欧州高血圧学会(6月18〜21日、開催地:オスロ)では、対象者を15万例超に増やした新たなメタ解析を発表した。

心筋梗塞発症率にARBとプラセボで有意差なしの画像

ログインして全文を読む