日本人を含むアジア人で顕性腎症に至った2型糖尿病患者を対象に、アンジオテンシンII受容体拮抗薬オルメサルタンの有効性・安全性を検討した二重盲検ランダム化比較試験ORIENTからこれまでに得られた知見について、第53回日本腎臓学会学術総会で名大腎臓内科の今井圓裕氏が総括した。

糖尿病腎症の脳心血管イベントをARBが抑制の画像

ログインして全文を読む