保存期CKD患者への経口吸着剤AST-120投与により、腹部大動脈石灰化の進行が抑制される可能性が示された。第53回日本腎臓学会学術総会で、神戸大腎臓内科の後藤俊介氏が発表した。

保存期CKD患者の血管石灰化を経口吸着剤が抑制の画像

ログインして全文を読む