経口球形吸着炭AST-120(商品名クレメジン)は、慢性腎臓病(CKD)患者の腎機能低下を抑制し、透析導入を遅らせる。京大大学院医療疫学の林野泰明氏らは、進行したCKDを有する2型糖尿病患者に使用した場合の費用対効果を検討。生活の質で調整した余命を延長しながら、患者当たりの生涯費用を300万円近く削減できることを、第53回日本糖尿病学会年次学術集会(5月27〜29日、開催地:岡山市)で報告した。

進行CKD合併2型糖尿病患者への経口吸着剤の画像

ログインして全文を読む