中枢神経のサーカディアンリズムに作用して糖尿病を治療する――。米食品医薬品局(FDA)が昨年春に承認した新しい2型糖尿病治療薬ブロモクリプチンについて、第53回糖尿病学会年次学術集会(5月27〜29日、開催地:岡山市)のシンポジウム「新規抗糖尿病薬・抗肥満薬開発の展望」で、埼玉医大総合医療センター内分泌・糖尿病内科の松田昌文氏が解説した。

2型糖尿病治療薬としてのブロモクリプチンの画像

ログインして全文を読む